MIYUKI’s Blog

[奇跡を祈ることはもうしない] self liner notes
2016-06-30 20:00 | -

今の二人の力を最大限に出し尽くした曲になったと思う


ハルカの声の魅力を最大限ひき出すことに徹底してメロディを考えた。
そして、一瞬で惹き込まれ、最後までわしづかみにして離さないような展開を作りたかった。

 

声に負けない、歌詞に負けない、強いメロディ。

 

ハルカの声はファルセットも綺麗だけど、低音も良い。
去年「嘘ツキ」の歌入れを聴いていて強く感じていた。
だから、歌い手の苦労は完全に無視して、低音とファルセットをふんだんに散りばめ、これでもかってくらい高低差を作った。
そして、言葉数も、長ったらしいものよりも一言の方が何倍にも強く聴こえると思うから、Aメロは少ない単語を繰り返し訴えかけるような譜割りにした。
(ハルカなら絶対歌い切ってくれると信じて・・・!後でちくちく言われたけど、笑)

 

タイトなABから、サビで一気に広げるべく、ダイナミックに動くメロディ。
それゆえに、サビの入りがとても低い。
出来上がって聴いても、やっぱりAメロと、サビの入りは格別に印象に残るものになった。

 

そんな風に私が渡したもんだから、ハルカは最後まで歌詞に苦戦することに。
特にAメロは単語が少ない分、相当強いものでないと、ハッとこない。
私は見守るしかなくて、時間との勝負で追い込まれやつれて行くハルカを見ていたら、なんだか申し訳ない気持ちになったけど、「愛して」って言葉が出た時に、全員が「これだ!」って確信したんだ。
私が作ったメロディに負けない、ハルカの言葉。お互いをより引き上げ、寄り添う歌詞ができた。

 

こうなると、アレンジも必然的にどんどん壮大に。
この曲、ストリングスやら、スネアのロールが幾重にもなっているから、かなりごく圧のスケール。
でも、どんなに音を重ねても、埋もれないメロと言葉ができていた。

 

すべてがカチッとハマった時、その曲は何倍にも化ける。
一つでも何かが欠けていると何物にもならなくなる。

 

この曲を作ってる時、私の心境はどんどん素直に変化していったんだけど・・・
私が、ハルカトミユキにとってできることはなんだろうかって考えるようになった。
パワーバランスって、どっちかが崩れてもダメで、同じ大きさでぶつかったときに最大の力を発揮するっていうでしょ?
私が作り得る最高のバトンを託して、ハルカもそれ以上に最高にしてみせた。


そういう意味で、今の二人の力を最大限に出し尽くした曲になったと思う。

 

ありがとう。
2015-10-04 17:49 | -


当日ステージに立つ瞬間までの期間、
毎日が、不安で、不安で、泣きそうだった。
そしてステージに上がった瞬間、人で溢れる野音の客席を見て、
驚きと、安堵と、興奮とで、 感動して泣きそうだった。

毎日、なんらかの形で、「約束のチケット」を配ってきた。
道行く人や、ライブハウスで。
一人一人念を込めてチラシを配り、約束のチケットを渡した。
少しでも多くの人が来てくれるように、
一人でも多くの方に音楽が届くように。


子供の頃に、青春時代、私が救われてきたライブ。
皆で一体となって楽しむ光景。また明日から頑張ろうって思う気持ち。  
ひとりひとりに音楽が届いているという実感。
私がずっと目標にしてること。
 
毎日DVD見て、どうやったら伝わるかなってひたすら悩んだ。
でも、とにかく精一杯やろうと思った。
自分が拙い演奏しか出来ないの知ってる。だけど、とにかく必死だった。


嘘ツキで遠くの立って見てる人まで手を挙げてるのが見えて、また泣きそうになった。
皆がつけてくれたスマホのライトは、ステージから見ると、満天の星空のようですごく綺麗だったよ。
皆をずっと見て、最高な光景を目に焼き付けた。

最後にハルカと二人でステージの中央に立ち、
私、この最高な相棒と一緒に、また、この光景がみたい!って思った。

まだまだ理想には程遠いんだけど、それでも、
がむしゃらさの中に、小さな1歩、進められたと思えてるんだけど、どうかな。

誰か1人でも、また明日も頑張ろうって復活してくれてたら、本当に嬉しいです。

そして、一息つく間も無くまだまだ走り続けます。
野音で集まってくれみんなの街に、今度は私たちが会いにいくね。

そして、また、1年後、野音で集まろう。

最後に、今回の野音にむけて本当にたくさんの方に協力して頂いたり、
約束のチケットを一人一人に自分で手渡して、人とのつながりの強さ、そして、ありがたさを改めて実感。


皆、ありがとう。


◆2015.10.3 SET LIST
◆新たな約束
とうとう明日。
2015-10-02 16:11 | -
とうとう明日。

正直なところ、野音の舞台に立つこと、3000人という人数は、私達にとって大きすぎる挑戦だ。
発表してからというもの、普段は無駄にポジティブな私も、怖くて不安で、眠れない夜ばっかり。
だから、できることを全部やろうと思った。
いろんなところでチラシと約束のチケットを配って歩いた。


THE QUEEN/ORANGERANGE/NIRVANA
どん底から復活するための、私の鉄板。

元気にしてくれるのは、やっぱり音楽。
救われるのは、やっぱり音楽。
それだけはいくつになっても変わらない。

子供のころからコミュニケーションがとれなくて、
ひとりぼっちだった私は、音楽に何度も助けられ、
そしてハルカと出会って、音楽を届ける側として、いまここにいる。


悩んでるそこのあなた!
落ち込んでるあなた!
当日、日比谷公園を通りがかったあなた!
ぜひ私たちに逢いにきてみてください!フリーライブですから!!
かつての私がそうであったように、ちょっと復活できるかもですよ!

10月3日 18時 お待ちしています。


ミユキ

[宇宙を泳ぐ舟] self liner notes
2015-08-04 13:21 | -


限りなくシンセで作り上げた曲です。
元は、ピアノループとメロディを渡されたから、
まずはハルカの声との相性をイメージしてピアノの音色を切なく。
最初はもうちょっとテンポの遅い切ないアレンジをしていて、
歌入れもしてミックスまでしたんだけど…
ハルカが「これは野音でみんなで歌いたい曲だから、もっとテンポを早くして、
アッパーな曲にしたい」と言い出しちゃったものだから、そこからが、さあ、大変。

ハルカのM7thの優しい響きのサビに、
敢えて強烈なキックの4つ打ちで、アッパー曲に変貌させた!!
アルペジエイター生成シーケンスを編集しまくって作ったシンセアルペジオと、
Brian Enoリスペクトの空間シンセで、野音の夜空をイメージ。
そこに、さり気なく弦が入ってくる。
king birdことian broudieプロデュースのエコバニのイメージだね。
トーマス・ドルビープロデュースのprefab Sproutとか、
Ian broudieのソロとかを聴いて盛り上がりながら作った。
Ian bloudie的にはギターが入ってるから、間奏だけは素敵ギターを入れてあるんだな。

最近のハルカの歌は、なんらかの形で、生と死の選択を迫られた人が主人公になってるから、
油断するとアレンジが重くなってしまうんだけど、、、
ハルカ的には、テーマが重ければ重いほど、サウンドは明るくしたい方向だから、大変。
そこで必ずアイディアが必要になることが多いんだよね。

ちゃんと上がる曲になったかな?

毎回お楽しみのリリックビデオですが、
今回は、実際に星の降る丘まで車で行って帰って来るっていうアイディア。
夏の夜は霧が多い時間帯も多いから苦戦!
ちなみに、夕方から朝まで撮りっぱなしなんだよ〜!すごいでしょ!
何回も観ちゃうよね。
ワールドツアー完走!
2015-06-29 20:34 | -
ハルカトミユキ、ワールドツアー完走!!
ワンマンライブ 2015 ’世界’
あっという間のたった二公演だったけど。

自分が青春時代に見たライブで衝撃を受けたみたいな、
オーディエンスが一体になった時の興奮を、ハルカトミユキなり実現してみたい。
あの時、大好きな音楽に合わせて手を挙げて、跳ねて、大声で歌うことってすごく楽しかった。
辛い事も、日常も何もかも忘れて、涙と汗で流しちゃう。
次の日、腕とふくらはぎが筋肉痛で、でも清々しく学校に通っていったのが、いい思い出だな〜。

ただ、私、、当時から、楽しむことや、いろんなことを、自分ひとりの中だけで消化してきたから、
自分がステージに立つ立場になってみると、
皆に自分の「楽しい」を伝える方法がわからない。
う〜ん、とにかく体を動かさずには始まらん!
ぎこちないけど、まずは自分が動くことから始めてみた。

今回のツアーは、ステージから、
皆の笑顔が良く見えて、私も自然とそれに応えるプレイになって、
そしたらまた、皆の歓声が聞こえて、もっともっとって…
会場の空気が一体になる感覚を、初めて体験出来たかも。

ありがとう!

正直なところ、目標にしてる光景にはまだまだほど遠いけど、
でも、皆のあったかい歓声の中に、自分達が進むための光が、見えた。


東京公演で発表した大切なお知らせは、
日比谷野外大楽堂でのフリーライブ、'ひとり×3000人'

東京の人も、大阪の人も、名古屋の人も、仙台の人も、広島の人も、博多の人も、札幌の人も、
いやいや、全国各地のつづうらうらのぼっちの人、皆、野音にきてほしい。
みんなで、おっきな夜空を見上げたいな。
もっともっと、すごい景色を皆と見たいな!

あっ、、、ハルカが、「野音でみんなで星空を見上げたい」って言ってたから、
会場BGMは全部星にちなんだ曲をセレクトしました、気づいたかな???

名曲、



そして、大好きなボウイの、



みんな、満点の星空の下に、集まりましょうね!


[ COPY ] self liner notes
2015-06-29 10:33 | -



2015.Song #6「COPY」
iTunes http://apple.co/1LqZzb6

ある日、ハルカが聴いてたのは、
Fugaziのアルバム「Repeater」
こういう時のハルカは、何かを起こす。
 
書いてきたのがこの曲。
歌詞がヘヴィ過ぎてズッシリ来たけど^^;久しぶりに私のUSインディマインドに火が付いた!!
 
Turn Over ! っと叫びながら、大樹さんのドラムをラウドなサウンドで録音!!
エイキチさんのぶっといベースもゴキゲンです。
 
ギターは、ハルカが何かの鬱憤を晴らすかのように、かき鳴らしたベーシックに、
「その日がきたら」「青い夜更け」以来の松江潤さんが、強力にバトってくれました!!
 
そして、私のストリングスは、メロトロンとのミックス。
Everything must go のマイクヘッジスのプロデュースのイメージ。
あのころのマイクヘッジスのプロデュースワークは最高です!
 
久しぶりに、思いっきり振り切りました!
ほんの少しだけでも、私たちなりのストレイトエッジになってるかな?

 
[ 春の雨 ] self liner notes
2015-06-05 11:22 | -

ハルカトミユキ/春の雨
iTunes https://itun.es/jp/5vu66


何層にも、何層にも、何層にも、これでもかと重ねた声、声、声。
ハルカはヴォーカルの多重録音にハマり中。
2人で時間をかけてハーモニーを構築した。

オケは私なりのトリップ・ホップ。90年初頭のブリストルサウンドオマージュ。
大地のようなベースに、キレるようにドライなリム。
アンビエントなサウンドとドライな素材が共存するように、
エンジニア森元さんと、緻密にミックス をすすめた。
ピアノのアルペジオはYAMAHA CP80、ミニエレクトリックグランド。 
ラノワプロデュースのPeter Gabriel のRed Rainのつもり(^^)  
ここは、相変わらずの80sフリークぶりを発揮させて頂いております。
リリースパーティー
2015-04-28 00:11 | -




リリースパーティー。
来てくれてありがとう。

mini album「世界」
ほんとに久しぶりのCDリリース。
感無量。

そして、ゲストとして来てくれたPeople In The Boxさん。
こころから感謝です!

大学生の時、実際にチケットを買ってみに行っていたバンドと
一緒のステージに立てて幸せでした。
今回は、ステージ袖という激レアな場所で堪能させていただきました。

…のに!
なぜか、MCで最初に言おうとしてた感謝の気持ちを、言い忘れてしまった…。
わたしのばか。


2015年、初のバンドライブ。
そして、渾身のmini album「世界」をダイレクトに初めて伝える日。

ということで、BGMとSEも見直し、albumに寄り添って今できる渾身のものにしました。
SEはcocteau twinsをイメージして、大好きな80sドリーミーポップBrian Eno風味。BGMも80s全開。
その中に、そっとハルカの好きな曲を忍ばせた。
リキッドルームの「私の人生を狂わせた10枚」という企画でハルカがセレクトした5枚の中から、
私もいいなと思った曲を忍ばせました。
本当に私たちは音楽の趣味が違うので、よかったらリキッドのウェブサイトで見てみて下さいね。
http://www.liquidroom.net/review/1894/


ライブに向けて、
ふと、初めて自分で見に行ったLIVEをもう一度観てみようと思って、
ORANGERANGEのLIVEDVDを、お家で観てみたの。
完全に当時の感覚がフラッシュバックして熱くなってしまったよ。
そこには間違いなく私が作り上げたいものがあって。
なんというか、会場は無敵状態!

リリースパーティーに来てくれた皆さん、LIVEはどうだったかな?
私は皆さんの表情や手を挙げる姿を見ていて、なにかとても熱いものを感じたのですが、
楽しんで頂けたなら、本当に嬉しいです。

6月の東阪ワンマンツアーでは、もっともっと無敵状態を作るべく奮闘していくよ。
もちろん、新曲も。


長い期間、ハルカトミユキを待っていてくれたみんな、ありがとう。
この「世界」というalbumがきっかけでハルカトミユキを知った皆さん、
私たちの音楽を聴いてくれて、ありがとう。
そして、支えてくれてるバンドメンバー、このCDのために関わってくれたスタッフ、
たくさんの関係者の皆様、ありがとう。



photo:Aki Ishii

▼4.25 LIQUIDROOM SET LIST
http://harukatomiyuki.net/news_detail/69287

▼Next Live!!!
ハルカトミユキ ワンマンライブ 2015 '世界'
6/19(金) LIQUIDROOM
6/25(木) umeda AKASO
★オフィシャル先行受付中!!
http://w.pia.jp/s/hm15ohp/

 
<< 2/7 >>