MIYUKI’s Blog

[宇宙を泳ぐ舟] self liner notes
2015-08-04 13:21 | -


限りなくシンセで作り上げた曲です。
元は、ピアノループとメロディを渡されたから、
まずはハルカの声との相性をイメージしてピアノの音色を切なく。
最初はもうちょっとテンポの遅い切ないアレンジをしていて、
歌入れもしてミックスまでしたんだけど…
ハルカが「これは野音でみんなで歌いたい曲だから、もっとテンポを早くして、
アッパーな曲にしたい」と言い出しちゃったものだから、そこからが、さあ、大変。

ハルカのM7thの優しい響きのサビに、
敢えて強烈なキックの4つ打ちで、アッパー曲に変貌させた!!
アルペジエイター生成シーケンスを編集しまくって作ったシンセアルペジオと、
Brian Enoリスペクトの空間シンセで、野音の夜空をイメージ。
そこに、さり気なく弦が入ってくる。
king birdことian broudieプロデュースのエコバニのイメージだね。
トーマス・ドルビープロデュースのprefab Sproutとか、
Ian broudieのソロとかを聴いて盛り上がりながら作った。
Ian bloudie的にはギターが入ってるから、間奏だけは素敵ギターを入れてあるんだな。

最近のハルカの歌は、なんらかの形で、生と死の選択を迫られた人が主人公になってるから、
油断するとアレンジが重くなってしまうんだけど、、、
ハルカ的には、テーマが重ければ重いほど、サウンドは明るくしたい方向だから、大変。
そこで必ずアイディアが必要になることが多いんだよね。

ちゃんと上がる曲になったかな?

毎回お楽しみのリリックビデオですが、
今回は、実際に星の降る丘まで車で行って帰って来るっていうアイディア。
夏の夜は霧が多い時間帯も多いから苦戦!
ちなみに、夕方から朝まで撮りっぱなしなんだよ〜!すごいでしょ!
何回も観ちゃうよね。
宇宙を泳ぐ舟、好きです。
明後日、楽しみにしています!!
hi | 2015/09/17 11:32 PM

野音での 宇宙を泳ぐ舟、
一夜限りの 良い音が 未来へ(向かって)の 新たな 記憶として
心に 残せたと思います!!
名乗るほどでもないけれど002 | 2015/10/04 10:52 PM





new / top / old